思いと売り上げを〝デザイン〟でつなぎます

キレイな写真、キレイな印刷・・・、でも売れない。
飲食のメニューデザインはちょっと特殊なのです。

私が行う【飲食専門グラフィックデザイン】は
単に美しいものを作ることをミッションとしておりません。

第一に、情報の整理。
メニューをご覧になったお客様に
どれだけ短時間で、お店の強みと味を伝えられるか。
そして、いかに売上につなげられるか。

上記を念頭に、現場で働く方目線とお客様目線、
そこに、飲食専門のデザイナーの目線を加え
グラフィックデザインを行います。

プロフィール

日本大学藝術学部デザイン学科 コミュニケーションデザインコース卒

株式会社グローバルダイニング( www.global-dining.com )にて
飲食店専門グラフィックデザイナーのキャリアをスタート。その後、
様々な飲食会社において他業種・他業態の社内デザイナーとして勤務。
株式会社ダイナック( www.dynac-japan.com )では業態開発部に在籍。

新店舗やブランドの立ち上げやリノベーション店舗のブランディングに携わる。
学生時代や飲食企業勤務時の店舗経験も活かし、​現場と本社、両方に寄り添う

飲食グラフィックデザインを行うことを得意とする。

対応可能業種・業態


和食(居酒屋から高級店舗まで)/ 洋食(バル・ビストロから高級店舗まで)/
アジアン
(中華・タイ・シンガポールなど)/ 中食(お弁当・ケータリングなど)/
カフェ
(スイーツ・コーヒー専門など)/ フードコート、バイキング /
チョコレートやケーキの包装材 / その他、飲食店全般

メニュー・ポスター・ロゴ・ショップカード・サイネージ・看板・包材などなど
飲食店に必要なグラフィックデザインが絡むもの、ご相談ください