• ツカモト エリコ

小夏。

知らなかった。 小夏=日向夏=ニューサマーオレンジ。

たまたま落ちてきて たまたま育って

見つかったのは宮崎県のある軒先。 おいしかったから、の理由で

ここまで広まったよう…ではなく 実ははじめは「酸っぱくて無理」

で、全然広まらなかったとか。 とある日、土佐のおんちゃんが 「白皮と食べると甘い!旨い!」に

気づいたらもう、柑橘好き歓喜。 そして今に至るという、小夏。 文字のごとく、夏の初めに出回り 盛夏のころ姿を消す。 なんともその控えめな感じが好き。 サイズ感もいい。

みかんより大きく、文旦より小さい。

これも控えめな感じがいい。 はっきりと自己主張しながらも、見た目は愛らしい。

そう、日本の柑橘ってかわいらしさがあるんですよね。 そんな小夏を果実酒と、残った皮で砂糖煮。 んで、それを入れてパウンドケーキ。

隠し味に、小夏の果汁。 愛らしいものを、愛らしく料理する。 そんな贅沢な時間。 少しだけ、自分もかわいくなった気分。 あー、夏が来ます。 A famous japanese citrus in KOCHI. "KONATSU" Eating together with inside white peel. The white peel is covering for sour and changing more sweet.

106回の閲覧0件のコメント